top of page
  • 執筆者の写真川上裕介

京都【成人式前撮り後撮り ロケーションフォト】梅での写真撮影はおすすめ

こんにちは。

京都でロケーションフォトをしておりますKansai Musubu Photo フォトグラファー川上裕介です。

今回は、京都【成人式前撮り後撮り ロケーションフォト】梅での写真撮影はおすすめという内容で記事を書きます。

京都でのロケーション撮影を検討されていらっしゃるお客様は、ぜひご一読ください。


梅での成人式前撮り後撮り

当店では、数年前から京都でロケーション撮影を行なっています。

2月から3月上旬にかけては梅で成人式前撮り後撮りができます。

今回は、京都での振袖撮影で梅を背景にした写真撮影がおすすめな理由を解説していきます。



-おすすめ理由 結論-

季節感ある写真撮影ができる。




-解説-

京都には、振袖撮影を行うのに合いそうな日本らしい場所が保存されています。

また、自然の多い京都には梅を植えている場所が多く存在します。


梅の咲く2月から3月上旬は、屋外でお着物を着るには少し気温が低いかも知れません。

しかし、大学の試験が終わり、春休みの学生さんも多く、撮影のために時間を確保しやすい時期でもあるでしょう。

少し寒い時期とは言え、暑い季節に比べると汗でメイクやヘアセットが崩れる心配はありません。

また、写真撮影については閑散期のため、撮影場所が混み合うことも少ないというメリットがあります。


最も大きいメリットとしては、写真に季節感を表現できる点だと考えます。

冬から春に向け咲く梅は派手さが桜のように無いものの季節感ある写真を残すには良いと思います。

派手な花でないからこそ、振袖姿を引き立てるような印象もあります。

梅の優しい甘い香りを楽しみながらのロケ撮影はきっといい記念になると思います。




-Kansai Musubu Photoが撮影可能な場所例-

成人式前撮り後撮りを京都の梅の咲く場所で撮影されたい場合、申込先の撮影スタジオやフォトグラファーなどに撮影可能か確認してみるのが良いと思います。

以下、Kansai Musubu Photoで撮影可能な場所をご紹介いたします。


1、梅宮大社

京都市右京区にある神社です。

こちらは境内の猫でも有名になった神社です。

神苑での撮影も可能で、梅やが植えられています。

神苑内には和室があり、事前予約制になりますが、空きがあれば、畳の部屋での撮影も可能です。

神苑入園料・参集殿使用料:別途必要


2、祇園白川

本記事の画像の場所です。

祇園白川白梅さんの梅は素晴らしいです。

画像は2023年2月27日に撮影しています。

お宿として営業されているため、入口前での撮影はいたしませんが、祇園白川周辺の美しい街並みと梅の撮影はとても素敵です。

また、このエリアはドラマやテレビ番組にもよく登場する京都らしい雰囲気の場所です。

当店の場合、このエリアでの撮影は午前中限定です。

施設使用料:なし

3、梅小路公園

京都駅の西側にある梅小路公園。

南東側に梅林があり、様々な品種の梅が植えられています。

梅林は2000年に作られ、現在は約150本の梅が育てられているようです。

早咲きの品種から遅咲きの品種まであるため、長く梅を楽しむことが可能です。

公園内には朱雀の庭という庭園もあります。

施設使用料:3,800円


4、宝ヶ池公園

京都市左京区にある宝ヶ池公園。

観光地では無いため、京都市外の方にはあまり馴染みが無いかも知れません。

こちらにも梅林があり、紅白の梅が植えられています。

こちらの梅は2月下旬から3月中旬が見頃です。




-Kansai Musubu Photoが撮影不可な場所-

1、京都御苑

現在、京都御苑ではプロカメラマンによる撮影ができません。

そのため、当店だけでなく撮影可能な事業者はありません。


2、城南宮

七五三などは城南宮指定のフォトスタジオが撮影されています。

成人式前撮り後撮りは不可です。




-まとめ-

季節感ある写真を撮影できるので、梅での撮影はおすすめです。

ぜひ、かわいい梅と撮影されてはいかがでしょうか。




-Kansai Musubu Photoの撮影プラン-

当店では、以下の撮影プランでの撮影が可能です。




ご予約は、以下の問い合わせフォームまたはお電話でご予約をお願い致します。

電話:090-8038-0033



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿日2023年12月8日

bottom of page