top of page
  • 執筆者の写真川上裕介

成人式に行かないけど、晴れ着姿の写真だけ撮るには?

更新日:2月4日

こんにちは。

京都や大阪でロケーションフォトをしているKansai Musubu Photo フォトグラファーの川上裕介です。

成人式前撮り後撮りなどの人物撮影を行なっています。

今回は、成人式に行かないけど、晴れ着姿の写真だけ撮るには?という内容で記事を書きます。

ハタチを祝う会などの式典への出席はされないものの振袖姿の写真を撮影されたいお客様向けの内容です。


振袖撮影

-結論-

振袖をお持ちでない場合は、振袖レンタル込みの撮影プランを提供している写真館やフォトスタジオに問い合わせてみましょう。

ご自身の振袖やお母様のママ振りを着る場合、着付けやヘアセットなどができる振袖持ち込み可能なスタジオや撮影事業者へ撮影予約をします。




-解説-

最近は、写真だけの成人式というキーワードを目にします。

写真だけの成人式とは、20歳を祝う会などの式典に参加しないものの二十歳の記念を写真には残すという意味です。

当店でも、お客様とお会いすると、様々な理由で式典に出席されないお客様がいらっしゃることを知りました。

・お仕事の都合で、式典の日に帰省できない

・海外へ留学を予定している

・家族と海外に住んでいる

・式典当日に体調が悪かった

・式典に出席するメリットを感じない

・私立の自宅から離れた学校に通っていたため、式典へ出ても知り合いや友達がいない

・式典の日に入院したため、式典へ出席できなかった



同時に「晴れ着姿を両親やおじいちゃんおばあちゃんに見せたい」というお嬢様のお気持ちや「振袖姿を見たい」というお母様やご両親のお気持ちも知ることが出来ました。

つまり、式典に出席できなくても晴れ着姿を写真として残したり、大切な方に見てほしいというご要望があるのです。



振袖は仕立てた場合、高額になるケースが多いです。

また、洋服を着る機会がほとんどの現在、振袖を購入してもほとんど着る機会はありません。

式典に出席されない場合、着物に袖を通す機会は少なく、購入をためらうお客様もいらっしゃるはずです。

そのため、振袖をお持ちでない場合、振袖レンタルや着付け、ヘアセット、写真撮影はパッケージになった撮影プランを予約されることをおすすめします。

振袖を購入するよりも借りたほうが安いです。

また、写真館を予約したり、着付師やスタイリスト、カメラマン、撮影場所をそれぞれ予約する必要はなく、一度の予約で申し込みが完結します。

「気に入ったカメラマンに撮影して欲しい」や「自分でそれぞれ手配したい」、「思い出の場所で好きな季節にロケーション撮影したい」、「フォトスタジオや写真館に気に入る振袖が無い」場合は、それぞれをお客様にて手配されても良いです。

最近では、 ECサイトで振袖をレンタルされ、持ち込まれるお客様も多いです。

ECサイトでは、サイズや色、柄、トレンドをおさえた振袖も多くあります。



ご自身の振袖やお母様のママ振りを撮影時に着られたい場合、持ち込みで着付け、ヘアメイクができる撮影事業者を選びましょう。

関連記事:フォトスタジオ選びの重視すべきポイント

フォトスタジオを予約したら、持ち物を用意したり、ヘアメイクのイメージを伝えます。

もちろんお客様ご自身でカメラマンや撮影場所、スタイリスト、着付け師を手配することもできます。




-注意点-

カメラマンや着付師、ヘアメイクスタッフ、撮影場所をお客様にて手配される場合には注意点があります。


1、撮影ロケーションへの予約は撮影事業者でなければ不可

京都の一部のお寺などの宗教施設は、お客様から直接の撮影申し込みが不可の場所があります。

理由としては、お客様や撮影スタッフが立ち入りできない場所があったり、撮影に関する制約事項があったりするためで、撮影場所の職員さんとしては直接カメラマンにその内容を伝えたいと考えています。

また、お客様とカメラマンから問い合わせをするのではなく、窓口を一本化してほしいとお考えのロケ地もあります。

そのため、当店でも、お客様から撮影場所への予約やお問い合わせは、基本的にお断りしております。


2、時間配分の問題

着付師は着付けに関してはプロフェッショナルです。

スタイリストもヘアセットやメイクはプロです。

カメラマンも仕事でされているなら、プロですし、良い写真を撮影すると思います。

ただし、それぞれの3者が良い仕事をするのにどれだけの時間が必要かは分かりません。

当店の場合、提携店による着付け・ヘアセットは約90分です。

しかし、着付け師やスタイリストの中には、それよりも時間を要するスタッフがいたり、早くお支度できるスタッフもいます。

早くお支度できるのは問題はありませんが、予定よりも時間がかかってしまった場合、撮影場所やカメラマンのスケジュールの都合上、撮影時間が短くなるケースがあります。

お客様にてそれぞれ手配される場合、余裕を持ったスケジュールを組む必要があります。




-まとめ-

今回は、成人式に行かないけど、晴れ着姿の写真だけ撮るには?という内容で記事を書きました。

振袖をお持ちでない場合は、振袖レンタル込みの撮影プランを提供している写真館やフォトスタジオに問い合わせてみましょう。

ご自身の振袖やお母様のママ振りを着る場合、着付けやヘアセットなどができる振袖持ち込み可能なスタジオや撮影事業者へ撮影予約をします。

ぜひ、素敵な晴れ着姿の写真を撮影されてください。




-当店の撮影プラン-

ぜひ、当店の撮影プランもご検討ください。



以下の問い合わせフォームでご予約・お問い合わせが可能です。

電話:090-8038-0033


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


投稿日:2023年6月13日

更新日:2024年2月4日

Comments


bottom of page