• 川上裕介

【ポートレート撮影】好かれるカメラマンになるコツ教えます!

こんにちは。

関西でフォトグラファー をしております川上裕介です。

京都や大阪など関西でフォトウエディング、成人式振袖の前撮り・後撮りなどの人物写真を中心に撮影しております。

今回は、【ポートレート撮影】好かれるカメラマンになるコツ教えます!という内容で記事を書きます。

これからポトレに挑戦されたいカメラマンさんにおすすめの内容です。



早速、結論です。

被写体さんとコミュニケーションをしっかり取りましょう。



私のwebサイトのプロフィール欄には、以下の文書を記載しています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

私が、大事にしていることは、『安心感のある写真を撮影すること』です。

安心感とは、完成したデータのみで良し悪しが決まるのではなく、

お客様とのコミュニケーションによって生まれるものと考えています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

私の考えとしては、綺麗に写真を撮ることや自分のイメージ通りの写真を撮ることよりもコミュニケーションが遥かに大切だと考えます。



以下、被写体さんと意思疎通ができている場合の利点を記載します。

コミュニケーションを十分に図った場合のメリット

1、自分の撮影の幅が広がります

→自分の撮影イメージにない写真を求められることがあります。

今まで撮ったことのないイメージを撮るにはどうしたらいいか調べたり、他のカメラマンさんが撮ったデータを見たり、モデルさんやお客様のリクエストを受けたりすると、写真のレパートリーが広がります。

2、相手に満足してもらえる

→写真に取り組んでいる中で嬉しいことは何ですか?

instagramやtwitterでたくさんいいねして貰えることでしょうか。

フォトコンテストで入賞することでしょうか。

どれも嬉しいですよね。

私も、沢山いいねして貰えると嬉しいです。

それ以上に嬉しいのが、撮らせていただいたお客様に喜んで頂けると嬉しいです。

「希望していたポーズのカットが納品されていた!」

「ガチガチにポーズしているのではなく、自然体でナチュラルなイメージのデータが多く、良かった!」

「無理に笑顔を作らなくて良かった」など。

会話をしていないと、「いやー、思ってたのと違うな・・・」と思われかねません。

3、リピートして貰える

→先ほどの相手に満足して貰えるに近いところではありますが、リピートしていただける可能性があります。

被写体さんの希望に近いカットを納品することも大切ですが、コミュニケーションを取りながら撮影することで、「楽しかった!!」と思ってもらえれば、さらにその可能性が高まります。

また、他の被写体さんやお客様を紹介いただける可能性もあります。



ここからは、コミュニケーションがとれていないカメラマンの事例をご紹介します。

1、やたら歩かせる

お客様や被写体さんは写真が欲しいのです。

「良い場所が無いなあ・・・」とひたすら被写体さんを連れて歩くカメラマンが多数いらっしゃるようです。

「え、この人、いつ撮るの??」と思われてしまうと、楽しい良い表情は出るはずがありません。

事前に撮影場所の下見をしたり、下見ができていない場合などは事前に「良いポイントを探しながら撮りたいので、少し歩きます。拘束時間は90分です。大丈夫でしょうか?」という感じで相手に確認しましょう。


2、やたら笑顔を要求する

被写体をされて間もないモデルさんや普段写真を撮られることがないお客様も多くいらしゃいます。

また、笑顔が苦手なお客様もいらっしゃいます。

そのような方に「笑って!」、「笑顔が硬いです!」などやたら笑顔をしたら・・・。

私は、「あのカメラマンに撮られるの疲れる」と思います。


3、お客様の話を聞かない

撮影中、お客様や被写体さんの話を聞かなかったり、聞こうともしないのは絶対にNGです。

「こんなカメラマンだし、データはあまり良くないだろう」と撮影中に思わせてしまうと完全にアウトです。

納品後、第三者が見て、綺麗で素晴らしいデータでも、被写体さんは粗探しになります。

そして、「あー、やっぱり下手だ」と思われます。

反対にお客様の話を撮影前や撮影中にちゃんと聞いていると、「なんか信頼できそう!」となります。

納品後、第三者が見て、上手でないデータでも、被写体さんは満足します。

そして、「あー、やっぱり上手だ」と思われます。




-まとめ-

今回は、【ポートレート撮影】好かれるカメラマンになるコツ教えます!について記事を書きました。

しっかり、被写体さんとコミュニケーションを取り、良い関係性を築くお手伝いができれば、幸いです。




ちなみに、フォトグラファー川上裕介ではポートレート撮影講座を行っています。

写真教室を通じ、コミュニケーションの図り方を習得されたいお客様におすすめ!

【ポートレート撮影講座のページ】

https://www.yusukekawakami.com/portrait


以下の問い合わせフォームまたはお電話でご予約をお願い致します。

問い合わせフォーム:https://www.yusukekawakami.com/blank-4

電話:090-8038-0033



ご予約お待ちしております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


最終更新日:2022年5月31日

閲覧数:17回0件のコメント