top of page
  • 執筆者の写真川上裕介

【神戸前撮り】相楽園でのロケーションフォト

こんにちは。

神戸など関西で出張撮影やロケーションフォトをしておりますKansai Musubu Photo フォトグラファーの川上裕介です。

神戸前撮りや成人式の前撮り・後撮りなどのロケーション撮影をしております。

今回は、【神戸前撮り】相楽園でのロケーションフォトという内容で記事を書きます。

神戸で結婚式前撮りや振袖撮影を検討されていらっしゃるお客様は、ぜひご一読ください。


相楽園

神戸には、公園や日本庭園などロケーション撮影が許可されている場所がいくつかあります。

「一体、どこで撮るのが満足感が高いのだろうか・・・」と悩まれているお客様もいらっしゃると思います。

今回は、私がおすすめする相楽園をご紹介いたします。




-相楽園とは-

相楽園は、神戸市の都市公園で唯一の日本庭園です。

庭園は池泉回遊式庭園です。

昭和16年より一般公開されています。

アクセスは、元町駅が便利です。




-相楽園での撮影のメリット-

こちらでの撮影についてご紹介します。 1、美しい日本庭園で撮影可能

神戸の都市公園で唯一の日本庭園です。

神戸で和装に合う撮影場所としておすすめです。


2、価格を抑えた撮影が可能

以前は、カメラマン持ち込み料が必要だった相楽園。

2024年4月より持ち込み料不要でロケーションフォトが可能です。

そのため価格を抑え、安くロケーション撮影が可能です。

従来通り、入園料と事前申請は必要です。


3、ツツジや新緑、紅葉シーズンの撮影がおすすめであるものの季節を問わず撮影可能

相楽園には約4,000株のツツジが植えられています。

ツツジの時期の撮影は人気があります。

また楓も多く植えられており、新緑や秋の紅葉などのロケーションフォトは人気があります。

ただし、蘇鉄園や松、正門、石橋、飛石など多くの撮影スポットが園内にあるため、人気シーズンを避けてゆっくり写真撮影するのもおすすめです。


4、ロケーションフォトにはちょうど良い広さ

相楽園の広さはロケ撮影に最適な広さだと思います。

慣れない和装での撮影の場合、撮影場所が広すぎるとかなりお疲れになります。

コンパクトすぎる場合、写真のレパートリーが少なくなります。

相楽園はバランスの良い広さで、付き添いの方がいらっしゃる場合はベンチもあり、ゆっくりしていただくことが可能です。




-相楽園でのロケーションフォトの注意点-

さて、素晴らしい相楽園ですが、撮影を検討されているお客様向けに気をつけておきたいポイントをお知らせします。

1、相楽園の受け入れ枠が上限に達している場合、撮影不可

事前申請が必要な相楽園。

ツツジや紅葉シーズン、新緑の時期は着物でのロケ撮影が人気です。

相楽園は、申請すれば必ず撮影できるという訳ではなく、受け入れ数が設定されており、すでに上限に達している場合は撮影不可です。

人気シーズンや土日祝での撮影をお考えの場合、早めにお申し込みをお願いいたします。


2、お草履では歩きにくい場所がある

入口より離れた場所は石段があり、歩きにくい場所があります。

お草履で歩けるかご心配なお客様は、靴をお持ち込みいただき、撮影時にお草履に履き替えていただくのがおすすめです。




-作例-

相楽園でのロケーションフォト

相楽園でのロケーションフォト

相楽園でのロケーションフォト

相楽園でのロケーションフォト

相楽園でのロケーションフォト


-まとめ-

注意点もある相楽園ですが、その内容がお客様にとって問題なければ、おすすめ出来る場所です。

和装での神戸前撮りや成人式前撮り後撮りの場所として、ご検討いただければ、幸いです。




-Kansai Musubu Photoの撮影プラン-

当店では、以下の撮影プランでメリケンパーク・ハーバーランドでの撮影が可能です。

美しい神戸での写真撮影を一緒に楽しみましょう。




ご予約は、以下の問い合わせフォームからお願いいたします。

電話:090-8038-0033




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿日:2024年5月29日

Comments


bottom of page