top of page
  • 執筆者の写真川上裕介

【成人式前撮り後撮り 】相場ってどれくらい?

更新日:1月23日

こんにちは。

京都や大阪で成人式前撮り後撮りをしておりますKansai Musubu Photo フォトグラファー川上裕介です。

今回は、【成人式前撮り後撮り 】相場ってどれくらい?という内容で記事を書きます。

二十歳の記念写真撮影を検討されていらっしゃるお客様は、ぜひご一読ください。


成人式前撮り後撮り相場

当店では、京都や大阪、神戸など関西で振袖撮影を行なっています。

今回は、成人式前撮り後撮りの相場について記事を書きます。




-結論-

フォトスタジオや写真館によって成人式前撮り後撮りの料金は大きく異なります。

同一の撮影事業者であっても撮影プランによって料金は違います。

当店でも成人式前撮り後撮りの相場、平均費用は把握できていません。




-解説-

当店も他店が用意している振袖撮影プランを調べたことがあります。

他店のwebサイトを確認した際に、成人式前撮り後撮りに必要な費用が正確に把握できるフォトスタジオもあれば、価格を濁して記載しておりお客様が実際に支払う料金が分からない写真スタジオも存在しました。

ただし、ご利用料金がの高い店舗やプランの傾向と価格や安い店舗やプランの傾向は把握しています。

特に、料金に差がつく項目について解説いたします。



1、衣装

振袖を購入されたり仕立てる場合、成人式前撮り後撮りの費用は高くなります。

また振袖の素材がポリエステルなのか、正絹なのかによっても料金は変動します。

作家物なのかといった振袖の特徴や着物店の特徴によっても振袖の購入費用は違います。


反対にお母様の振袖を成人式前撮り後撮りで着られる場合、購入よりも安くなります。

最近は、帯揚げなどの一部の和装小物を新たに購入したり、レンタルするママ振リメイクというサービスを行っている店舗もあります。


また、 ECサイトで振袖をレンタルすることもできます。

ハタチを祝う会などの式典がある1月は振袖レンタルの料金は高いです。

式典のない時期は、安くレンタルできる場合が多くあります。

そのため、 ECサイトで振袖を手配される場合、1月を避けるとお得に成人式前撮り後撮りができます。



2、スタジオ撮影かロケーションフォトか

スタジオ撮影にするかロケーション撮影にするかでも料金は異なります。


一般的にスタジオ撮影の方が価格は抑えてあります。

スタジオ撮影の場合、着物選びからヘアメイク、お着付け、撮影、データ選定までを流れ作業で行なっているケースがあります。

スタジオ撮影は、小物を変えたり、衣装を変えたりして撮影はできますが、背景そのものを変えることは限界があります。

1日に受け入れができるお客様が多く、納品データ数が少ないのが特徴です。


ロケーションフォトは、1ヶ所で着物選びからデータ選定までが完結しません。

また、背景そのものを変えて撮ることができるため、納品データ数が多い場合があります。

撮影場所と着付け場所間の移動であったり、多く撮影して多く写真補正を行うため、1組のお客様に対して必要な時間が長く必要になります。

そのため、スタジオ撮影に対し、費用は高くなる傾向にあります。



3、写真アルバムを購入するか

成人式前撮り後撮りのアルバムは高いです。

オンリーワンの商品のため、アルバム制作に必要な人件費が高いためです。


アルバムを購入しない場合、成人式前撮り後撮りは安くなります。

アルバムを自宅用やお祖父様お祖母様用に複数購入される場合は料金が高くなります。

一部の写真館などはアルバム購入が必須になっています。

アルバムはいらないとお考えであってもアルバムがパッケージになった撮影プランの場合、料金は高くなります。



4、データ購入料

撮影事業者の広告の中には「撮影◯◯枚 撮影料金◯◯円」と記載されている場合があります。

この表記の場合、別途データ購入料が必要なことがあります。

例えば、300枚撮影し、50データが欲しいとします。

1データあたり1,000円の場合、50データの購入は50,000円になります。

予約時にこの説明が無く、撮影時に説明されトラブルになったケースをよく聞きます。

予約をされる場合、「撮影◯◯枚」と表記している撮影事業者ではなく、「納品◯◯枚」と書いているフォトスタジオや写真館の方が費用面で安心できます。

ちなみに「全データ納品」と記載している場合、最低何データ納品しているか確認した方が良いです。

残念ながら、撮影時にあまりシャッターを切らないカメラマンもいますし、納品数が多い場合は写真に明るさや色味の補正をしていないケースもあります。



5、家族写真の撮影

家族写真を撮るか撮らないかでも費用感は変わります。

家族写真の撮影にオプション料金が必要な撮影スタジオもあれば、追加料金不要のフォトグラファーもいます。

いずれにしても撮影時に正装される場合、訪問着やスーツなどの手配が必要になります。

当店の場合、家族写真をカメラマンに撮ってもらう機会はなかなか無いこともあり、家族写真は積極的におすすめしています。

撮影料金の追加は必要ございません。




-まとめ-

今回は、【成人式前撮り後撮り 】相場ってどれくらい?という内容で記事を書きました。

フォトスタジオや写真館によって成人式前撮り後撮りの料金は大きく異なります。

同一の撮影事業者であっても撮影プランによって料金は違います。




-当店の傾向-

一般的な相場ではありませんが、当店のお客様が支払われている費用についてご紹介いたします。

アルバムの購入はオプションですが、ほとんどのお客様が購入されます。

ロケーションフォトでの一例をご紹介いたします。


【振袖をお持ち込みの場合】

(例)123,500円

内訳

着付け、ヘアセット、プロカメラマンによるロケーション撮影同行2時間半程度、和傘レンタル、補正済み120データ納品、京都市中心部・東山エリアの撮影場所までタクシー1台込み、繁忙期料金適用

フルメイク 7,700円

家族写真撮影:追加費用なし

アクリルカバーアルバム49,800円

撮影場所が祇園白川と八坂の塔周辺の2ヶ所撮影の場合:追加費用なし


【振袖レンタルをされたい場合】

(例)157,300円

内訳

正絹振袖レンタル、着付け、ヘアセット、プロカメラマンによるロケーション撮影同行2時間半程度、和傘レンタル、補正済み120データ納品、京都市中心部・東山エリアの撮影場所までタクシー1台込み、繁忙期料金適用

フルメイク 7,700円

家族写真撮影:追加費用なし

アクリルカバーアルバム49,800円

撮影場所が祇園白川と八坂の塔周辺の2ヶ所撮影の場合:追加費用なし




-Kansai Musubu Photoの撮影プラン-

当店での成人式前撮り後撮りプラン一覧です。

京都や大阪、神戸のお客様は要チェック!




ご予約は、以下の問い合わせフォームでお願い致します。

電話:090-8038-0033




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿日2024年1月15日

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page