top of page
  • 執筆者の写真川上裕介

京都・桜で撮影するのはいつがおすすめ?

こんにちは。

京都で出張撮影やロケーションフォトをしておりますKansai Musubu Photo フォトグラファーの川上裕介です。

結婚式前撮りや成人式前撮り後撮り、卒業式袴撮影などの人物写真を中心に行なっています。

今回は、京都・桜で撮影するのはいつがおすすめ?という内容で記事を書きます。

桜の時期に京都でロケーションフォトを検討されているお客様におすすめの内容です。


京都桜撮影

当店では、京都でロケーション撮影を行なっています。

桜での撮影は人気があります。

今回は、サクラでのロケ撮影におすすめの時期をご紹介します。




-結論-

3月下旬から4月初旬




-解説-

この時期がおすすめの理由を解説いたします。


京都では様々な品種のさくらが植えられています。

品種によって開花・満開時期は異なります。

人気のソメイヨシノは過去に以下の日程で満開になっています。

2023年3月24日

2022年3月30日

2021年3月26日

その年の気候にもよりますが、3月下旬に見頃となるため、3月下旬から4月初旬は撮影におすすめです。


多少、染井吉野の開花が前後しても他の品種の桜で撮影可能です。

例年、一重の枝垂れ桜は染井吉野の1週間前に見頃になります。

また、八重のシダレザクラはソメイヨシノが終盤になった頃に見頃となります。

そのため3月下旬から4月初旬に撮影を予定しておけば、京都市内のどこかで桜撮影が可能です。




-京都 桜撮影で人気のロケ地-

1、祇園白川

祇園白川は、祇園を流れる白川付近を指します。

GoogleMapで、辰巳大明神と調べていただき、おおよそその周辺のエリアです。

フォトスタジオや写真館によっては祇園新橋と表記している場合もあります、

このエリアは、石畳に美しい町家が連なります。

単に桜と撮れるという訳ではなく、京都らしい美しい景観に桜くという特別感あります。

当店の場合、地域協議会のルールに従い、午前中かつ和装のみの撮影です。


2、鴨川

鴨川は、京都市の中心部を南北に流れる川です。

その河川敷は、鴨川公園として整備されています。

その南北に伸びる水辺の緑地は、市街地の中にあるリフレッシュできる空間として、親しまれています。

鴨川公園には、様々な品種の桜が植えられています。

開花が早いのは五条-七条間の一重の枝垂れ桜。

その後、ソメイヨシノが咲き誇ります。

ソメイヨシノが終盤になれば、八重のベニシダレで撮影可能です。

長い期間、桜で撮ることができるのが特徴です。


3、円山公園

円山公園は、京都市にある最も古い公園です。

美しい庭園は、七代目小川治兵衛による作庭です。

庭園は、国指定名勝でもあり、春は桜の名所として人気があります。

特に、力強く咲く祇園枝垂れは有名です。

庭園と桜、着物の組み合わせはおすすめです。

桜の時期は露店が多く出店し、お祭り気分で撮影できますよ。


4、伏見

伏見区は京都市の南に位置します。

かつての城下町としての街並みや港町の風情が今でも残ります。

その景観で桜と撮影できます。

水辺と桜との組み合わせはとても素敵です。




-まとめ-

今回は、今回は、京都・桜で撮影するのはいつがおすすめ?という内容で記事を書きました。

3月下旬から4月初旬がおすすめ

桜咲く京都で思い出に残るな撮影をされてください。




-Kansai Musubu Photoの撮影プラン-

当店では、以下の撮影プランをご用意しています。

美しい春を一緒に楽しみましょう。




ご予約は、以下の問い合わせフォームでお願い致します。

電話:090-8038-0033



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿日2024年1月25日

bottom of page