• 川上裕介

フォトグラファーがおすすめする撮影地情報!京都で撮るべき桜の名所

こんにちは。

関西で写真教室、フォトグラファー をしております川上裕介です。

今回は、フォトグラファーがおすすめする撮影地情報!京都で撮るべき桜の名所をテーマに記事を書きます。

京都には、あまりに多くの桜の名所があります。

その中でも、カメラマンがオススメする名所を10選 厳選して、ご紹介します。


<京都の桜>

京都は桜の宝庫です。

有名なソメイヨシノから早咲きの河津桜、遅咲きの桜まで様々な桜を楽しむことが出来ます。

レジャーシートを広げ、お酒を片手にお花見を楽しむことができる場所もありますが、京都では桜をしっかり眺めて楽しんで頂きたいと思います。

日本に京都があって良かったと心から思うことが出来るはずです。



<京都のオススメ桜スポット 10選>

1、哲学の道 

紅葉で有名な永観堂の北東にある若王子神社から銀閣寺まで続く1.5kmの桜並木。

ソメイヨシノが約450本植えられています。

土日であっても、早朝でならば、ゆっくり桜を楽しむことが出来ますよ。

南側には、SNSで有名になった蹴上インクラインもあります。

蹴上インクラインは、カメラマンや海外からの旅行者、インスタ映えを狙う若者で混雑します。

平日の早朝であっても、混雑します。

ゆっくり写真や桜を楽しみたいのであれば、私は哲学の道をオススメします。


2、仁和寺 

御室桜で有名な仁和寺。

ソメイヨシノよりも木が低く、白い花を咲かせます。

また、遅咲きのため、染井吉野と見頃が重ならない点も嬉しいです。

五重塔と桜の組み合わせは、絶景です。

仁和寺には、約500本もの桜があります。


3、背割堤(淀川河川公園背割堤地区)

『やわたのはちまんさん』として、多くの関西人から愛され、信仰を集める石清水八幡宮の近くに背割堤はあります。

1.4kmも桜並木が続きます。

桜の本数は約220本で、どの木も大きく、迫力があります。

2017年には『さくらであいかん』がオープンし、背割堤の桜並木を見下ろすことが出来ます。

桜祭りの時期には、駐車場が使用できない場合があり、公共交通機関で行かれることをおすすめします。


4、醍醐寺 

豊臣秀吉の『醍醐の花見』で有名な桜スポットです。

近年は、アジア系の外国人に人気で、『ここは日本なのか??』と思うほど、様々な言語が飛び交っています。

海外の方にも納得いただけるのは、桜の木の巨大さにあると私は考えます。

1本1本の古木が大きく、その迫力や生命力に圧倒されます。

ぜひ、カメラでその美しさを残してみませんか?

醍醐寺で、私は特に霊宝館が好きです。

ぜひ、足を運んでいただきたい桜名所です。

 

5、原谷苑

かつては穴場の名庭です。

ベニシダレザクラが特にダイナミックで美しいです。

ベニシダレザクラはソメイヨシノよりも開花が遅いので、染井吉野を満喫した後に訪れると良いです。

入園料は桜の開花状況により変動します。

最高は1,500円だったように記憶します。

高額な値段設定であるように思われるかも知れませんが、行けば必ずその価値を実感することが出来ます。

尚、桜の時期は徒歩かタクシー、無料のシャトルバスでの訪問となります。

マイカーで訪問することは禁止されます。

*2022年は、駐車場が予約できました

詳細は、原谷苑の公式webサイトでご確認ください。


6、祇園白川

艶やかな桜と京町家、石畳の組み合わせにハッと息をのむでしょう。

周囲は伝統的建造物群保存地区に指定されています。

桜の本数は多くありませんが、ソメイヨシノや枝垂れ桜、サトザクラなど数種類の桜を楽しむことが可能です。

アクセスも良いので、オススメです。


7、平野神社

境内には様々な種類の桜が約400本も植えられています。

様々な種類があるので、長い期間、桜を楽しむことが出来るのが特徴です。

珍種の魁(さきがけ)という桜もあります。

プロのカメラマンを連れた人物撮影はNGです。


8、伏見十石舟

名水の街、伏見の水路を十石舟という遊覧船が進みます。

穏やかな水上の旅を満喫するのは、きっと楽しいでしょう。

また、遊歩道から船をメインの被写体にし、撮影するのも良いでしょう。 


9、淀水路

京都競馬場の近くに最近、SNSで一気に有名になった桜スポットがあります。

それが、淀水路です。

ここには、早咲きの河津桜が水路沿いに植えられています。

住宅地にも関わらず、沢山のメジロやヒヨドリもやってきます。

ソメイヨシノよりも早く桜を楽しみたい方にはオススメです。

尚、住宅地にありますので、マナーを守って写真を撮りましょう。


10、京都御苑 

京都市民の憩いの場、京都御苑。

約65haの広大な敷地に1,100本ほどの桜が植えられています。

特に、私が好きなのは近衛邸跡付近です。   

桜の季節、この辺りは、飲食が禁止されています。

純粋に桜を楽しむには最高の場所です。




<1日で多くの桜を撮影するポイント>

桜の時期、京都市内では道路が混み合います。

桜の有名なスポット近くでは、空いている駐車場を見つけるのも困難かも知れません。

なるべく、公共交通機関を利用されることをオススメします。

事情があり、難しい場合はパーク&ライドなどを活用しても良いかも知れません。


公共交通機関を利用される場合、なるべく電車を利用しましょう。

バスは多くの旅行者が利用します。

また、バスは京都に住まれている方の大切な交通手段となりますし、渋滞にハマると桜を楽しむ時間が減ります。


京都市内には、たくさんの桜スポットがあります。

なるべく、狭い範囲でたくさん回るということを意識すれば、多くの美しい桜と出逢うことが出来ます。

効率良く、撮影をして回るということを意識しましょう。



最後に少しPRです。

写真教室で座学でカメラの知識を得る内容や花の撮り方をお伝えする内容をご用意しています。

本格的な桜シーズン前に、学習や撮り方のおさらいをしませんか?

よりイメージに近い1枚が撮れるようになりますよ。

【座学でのフォトレッスン】

https://www.yusukekawakami.com/zagaku

【花の撮り方講座】

https://www.yusukekawakami.com/fukei



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



-投稿日 2020.4.11-

-最終更新日2022.6.3-

home: https://www.yusukekawakami.com


閲覧数:4回0件のコメント