top of page
  • 執筆者の写真川上裕介

【神戸前撮り】河津桜が咲く場所でのロケーションフォト

更新日:7月5日

こんにちは。

神戸など関西で出張撮影やロケーションフォトをしておりますKansai Musubu Photo フォトグラファーの川上裕介です。

神戸前撮りや成人式の前撮り後撮りなどの人物撮影を主にしております。

今回は、【神戸前撮り】河津桜が咲く場所でのロケーションフォトという内容で記事を書きます。

神戸で結婚式前撮りや振袖撮影、卒業式袴前撮りを検討されていらっしゃるお客様は、ぜひご一読ください。


神戸前撮り 河津桜でのロケーションフォト

神戸には、公園や日本庭園、お寺などロケーション撮影が許可されている場所があります。

今回は、河津桜が咲く場所をご紹介いたします。




-神戸の河津桜とは-

神戸市内の複数の公園に河津桜が植えられています。

有名なのは「灘浜緑地」と「西郷川河口公園」です。

例年の見頃は2月下旬から3月中旬です。

近年は桜の木も大きくなり、見頃にはメディアで掲載されることも増えました。




-河津桜での撮影のメリット-

河津桜での撮影についてご紹介します。 1、春を先取り

春といえば桜。

河津桜は染井吉野と比較すると見頃が早いです。

見頃は、例年2月下旬から3月中旬です。

早咲きの桜は結婚式前撮りや成人式の振袖撮影だけでなく、卒業式袴での撮影にも合います。

他の桜と比較すると見頃の期間が長いように思います。


2、日本人が考えるサクラ色

さくらで有名な品種といえばソメイヨシノですが、これよりも色が濃いです。

ソメイヨシノは白に近いですが、河津桜はピンクに近い色が印象的です。

お客様が「桜でんぶみたいな色」とお話しされることがあり、私もその通りだと感じます。


3、枝の高さが低く、桜と一緒に撮影しやすい

河津桜は枝の高さが比較的低いです。

そのため、顔の高さに花がきやすいです。

桜と一緒に撮影するのに最適です。


4、気候が安定している

桜の開花時期は天気が不安定です。

一日のうちに何度も天気が変わることもあります。

早咲きの河津さくらのタイミングは比較的天気が安定しています。




-河津桜でのロケーションフォトの注意点-

さて、素晴らしい河津桜ですが、撮影を検討されているお客様向けに気をつけておきたいポイントをお知らせします。

1、少し気温が低い

河津桜の見頃は、例年2月下旬から3月中旬です。

この時期は、まだ少し寒いです。

ウエディングドレスでの撮影は、寒く感じられると思います。


2、開花状況はさくら次第

季節のお花なので、その年によって開花のタイミングが変動します。

開花していない場合を想定し、別の撮影場所も予め考えておきましょう。




-作例-

神戸前撮り 河津桜でのロケーションフォト

神戸前撮り 河津桜でのロケーションフォト

-施設使用料-

不要




-まとめ-

注意点もある河津桜が咲く場所ですが、その内容がお客様にとって問題なければ、おすすめ出来る場所です。

神戸前撮りや成人式前撮り後撮りの場所として、ご検討いただければ、幸いです。




-Kansai Musubu Photoの撮影プラン-

当店では、以下の撮影プランで河津桜での撮影が可能です。

神戸で美しい早咲きのさくらで写真撮影を一緒に楽しみましょう。




ご予約は、以下の問い合わせフォームからお願いいたします。

電話:090-8038-0033




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿日:2024年7月4日

最終更新日:2024年7月5日

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page