• 川上裕介

そうだ、あの人に写真を贈ろう!今こそ写真を贈るべき理由

最終更新: 4月21日

こんにちは。

関西でフォトグラファー 、写真教室をしております川上裕介です。

今回は、『そうだ、あの人に写真を贈ろう!今こそ写真を贈るべき理由』というテーマで記事を書きます。

・新型コロナウイルス感染症の影響のため、お家時間が長くなり、退屈だ

・みんな元気にしているかなあ

・母の日のプレゼントは何にしようか

・外出自粛要請で、実家に戻ることが出来ない

と思われていませんか。

もし、そのように考えられていらっしゃれば、ご一読下さい。



【はじめに】

私は、大阪に住んでいます。

2020年4月14日の時点で、新型コロナウイルス感染症の影響で、外出自粛要請が出ている地域に住んでいます。

先述した問いは全て自分への投げかけです。


・新型コロナウイルス感染症の影響のため、お家時間が長くなり、退屈だ

→写真を撮りに行けないので、退屈。

・みんな元気にしているかなあ

→東京にいる知り合いは大丈夫か、心配です。

・母の日のプレゼントは何にしようか

→悩んでいます

外出自粛要請で、実家に戻ることが出来ない

→もっと悩んでいます


今こそ写真を贈るべき理由

あの人に喜んで貰うため、そしてあなた自身のために写真を贈ってみませんか??



例えば、写真を贈ろうと決めれば、このような思考になれます。


・新型コロナウイルス感染症の影響のため、お家時間が長くなり、退屈だ

→過去の写真を探しながら、思い出を振り返ることが出来る

→写真をあまり撮っていなければ、写真を自宅で撮る楽しみが出来る


・みんな元気にしているかなあ

→写真を送れば、自分が元気だということが相手に伝わる

→『元気だよ』と返事をもらうことが出来る


・母の日のプレゼントは何にしようか

→今までのプレゼントからレパートリーを増やすことが出来る


・外出自粛要請で、実家に戻ることが出来ない

→実家のみんながあなたの健康を心配しています。

写真を贈ることで、安心感を与えることが出来ます。



写真は、自分の存在を残すことが出来る最強のツールです。

また、大切な人を喜ばせることが出来る最強のツールでもあります。

今こそ、あの人に写真を贈ってみましょう。


【写真の贈り方】

データで贈るのは、手軽で良い方法だと思います。

私も、Lineで贈ることもあります。

しかし、どうせ贈るのであれば、あの人のとびっきりの笑顔を見たくありませんか??


この機会にフォトブックを贈ることをおすすめします。

町の印刷屋さんは、制作料金が未だに高いお店が多いように感じます。

また、わざわざ外出する必要があります。

私のおすすめは、ネットでの注文です。

webサイト上で、プリントの注文を行い、自宅まで宅配便やメール便等で届けてもらえる仕組みです。

例えば、受取人をご実家の両親にしておけば、直送してもらうことだって可能です。



【フォトブックのお店】

以下、フォトブックが作れるお店をご紹介します。

料金や配送方法は、ご自身でご確認をお願い致します。


・フォトレボ












・BON












・PhotoRevo

・フジフォト

・しまうまプリント




【ネットプリントのお店】

以下、ネットプリントのお店をご紹介します。

料金や配送方法は、ご自身でご確認をお願い致します。


・アオヤギ写真工芸社












・シャシンヤドットコム







・フジプリ

・しまうまプリント



【まとめ】

あの人に喜んで貰うため、そしてあなた自身のために写真を贈ってみましょう!



皆様のフォトライフがより充実したものとなりますように。

私の写真教室にも学びにお越しいただければ、嬉しいです。

ストアカでの写真教室:



最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。 <最終更新日:2020.4.14> home:https://www.yusukekawakami.com


©Yusuke Kawakami