• 川上裕介

【撮影のお役立ち】失敗しないカメラの選び方

最終更新: 4月13日

こんにちは。

関西で写真教室、フォトグラファー をしております川上裕介です。

今回は、失敗しないカメラの選定方法について、記事を書きます。

皆さまのカメラ生活に少しでもお役立ち出来れば、幸いです。




<この記事を書く背景>

写真教室を開講する中で、受講者様から『どこのメーカーのカメラですか?』や『2台目はどのカメラを選んだら良いですか?』といったご質問を頂きます。

そこで、私が考えるカメラの選定方法について、お伝えしたいと考えます。

そういう考え方もあるのだなあという程度に、見ていただければ、嬉しいです。



<結論>

先に結論です。

サポート面を含め、将来的に付き合って大丈夫だと、ご自身が判断するメーカーの商品を買うべきだと、私は考えています。



<結論に至るまでの理由>

私は今まで、カメラ選びで以下の点が重要であると考えていました。

1、仕様書の情報

→画素数やシャッタースピード、スロット数など

2、価格

3、口コミ・評判

→価格.comやamazon、他のカメラマンからの評判、カメラ雑誌の情報、

instagramで人の作例を見るなど


上記については、今もカメラ購入に係る判断材料として重要であるという認識です。

しかし、それらだけでは、今、カメラを購入するには不足している要素がいくつかあります。

具体的には、以下の通りです。


1、サポート面

私がこれまで使用してきたメーカーさんは直営店を2019年大幅に閉鎖しました。

また、これまでの流れで行くとショールームの減少も続いています。

私は、頻繁にカメラメーカーのショールームに足を運びます。

情報を得たり、作品を拝見したり、カメラをメンテナンスに出したりすることが目的です。

このブログを読まれている方は、カメラ好きの方が多いと思うので、共感いただけるのでは

無いかと考えます。

つまり、ショールームが無くなるということは、その地域のフォトグラファーにとって、かなりマイナスというか、残念な事です。

残念な感情を持ってしまうと、カメラメーカーへの期待値は下がります。

期待値が下がるということは・・・という流れを深掘りして考えてみましょう。


サポート面で、他にも確認をしておきたい要素があります。

例えば、メンテナンスを受けたい時に受られるかです。

お持ちのカメラは、日曜日にメンテナンスを受けることが出来ますか?

もっと記載するならば、メーカーに問い合わせた時のレスポンスの速さや対応の内容に

満足されていますか?

日本のカメラメーカーは最近、誕生した訳ではありません。

歴史があります。

なので、これからサポート面で劇的に何かが改善するとは、私には思えません。


カメラやレンズは、高額な買い物です。

しっかりこれからも付き合っていけるメーカーをご自身で判断しましょう。


2、これからの製品開発への期待度

特に、フルサイズミラーレス 一眼については、どんどん良い商品が登場することが考えられます。

さて、良い商品とは何でしょうか??

メーカー都合の良い商品には意味がありません。

ユーザーのニーズを充足できるカメラやレンズこそが良い商品です。

つまり、ユーザー思考で商品開発をされているメーカーの商品を選んでおけば、これからも

カメラマンのニーズを更に充足して頂くことが可能と考えます。

私は、2019年12月にあるメーカーのカメラを購入しました。

購入後、製品登録を行ったのですが、その後、たくさんの細かいアンケートが届きました。

このメーカーであれば、きっと今後もフォトグラファーに貢献していただけると確信しました。


3、インフルエンサーの動向

皆さんは、インスタ等で10,000人以上フォロワーがいるフォトグラファー がどんな機材を使用しているか気になりませんか??

私は、とても気になります。

そして、この機材であれば、こういう撮り方が出来るのだと勉強もしますし、時にその機材が欲しくなることもあります。

皆さんも、そういう経験ありませんか?

写真を撮られているインフルエンサーは、20代〜30代が多いと思います。

つまり、これから写真に取り組まれる同世代の人は、その流れに乗ります。

カメラ屋や家電量販店に行かれた際は、20代〜30代の世代がどのメーカーのカメラを購入しているか店員に確認しましょう。

そのメーカーはこれからも伸びるのではないかと考えます。



<まとめ>

私が考えるカメラを購入する際に、検討すべきこと。

1、仕様書の情報

2、価格

3、口コミや評判

4、将来的に付き合えるメーカーかどうか

  4−1、サポート体制

  4−2、これからの製品開発への期待度

  4−3、インフルエンサーの動向



<私がよく利用するカメラ店>

・カメラのキタムラ








カメラのみを買い換えることは簡単です。

しかし、レンズも含めて買い換えるとなると、かなりの金額になります。

カメラ選びは慎重に検討しましょう。


参考になりましたでしょうか。

私のフォトレッスンにも遊びに来て頂ければ、嬉しいです。

ストアカ写真教室:







最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

素敵なカメラライフを楽しみましょう♪



<最終更新日:2020.4.11>

home: https://www.yusukekawakami.com

©Yusuke Kawakami