• 川上裕介

【撮影のお役立ち】失敗が少ない打上花火の撮影方法とは??

最終更新: 4月21日

こんにちは。

関西でフォトグラファー 、写真教室をしております川上裕介です。

今回は、失敗が少ない打上花火の撮影方法について記載します。

私も、実は花火の撮影で失敗した経験があります。

花火の写真を失敗したく無い方は、ぜひご覧ください。


追記:2020年は新型コロナウイルスの影響により、撮影目的での外出はおすすめ致しません。

まずは、ご自身を大切にして頂き、状況が落ち着いたタイミングで、撮影を楽しみましょう。


<はじめに>

花火の撮影って難しいと思われていませんか?

私も、以前はそう思っていました。

しかし、いくつかのポイントを意識すれば、グッと花火の写真が上達します。

カメラを持って花火大会に行きたくなりますよ。


もしも、以下のようなお困りごとがあれば、参考になるはずです。

・ピントが合わない

・ブレる

・ノイズが気になる

・白トビが気になる



<ポイント>

早速、打上花火の撮影に関するポイントをご紹介します。


1、三脚を使用する

花火の光跡をしっかり写真に残すには、シャッターのスピードを長くする必要があります。

よって、手持ち撮影だと、ブレでしまいます。

手ブレを抑えるため、三脚は使いましょう。


2、レンズにND4のフィルターを装着する

花火の光は、思っている以上に明るいです。

ND4のフィルターがなければ、白トビが発生する可能性があります。

減光フィルターであるNDフィルターを使用することで、白飛びの発生を防ぐのです。

別の記事で、NDフィルターについて記載していますので、興味のある方は、ご確認ください。

NDフィルター: https://www.yusukekawakami.com/post/【撮影のお役立ち情報】ndフィルターで作品を撮ろう!


3、カメラの長秒ノイズリダクションは必ずオフにする

『暗い場所でシャッターを切ったら、カメラで何か処理をしていて、なかなか次のシャッターを切ることが出来ない・・・』と悩まれたことはありませんか?

おそらく、長秒ノイズリダクションがオンになっていると思われます。

例えば、10秒間シャッターを開けていると、それと同じ程度、カメラで処理に時間を要し、その間はシャッターが切れなくなります。

つまり、その間のシャッターチャンスを逃してしまうのです。

私は、この機能をオンにしたり、オフにしたりし、比較しましたが、あまりに大きな差は無いように感じました。

少しノイズがあったとしても、シャッターチャンスを逃すくらいならば、この機能をオフにした方が良さそうです。


4、絞り(f値)

私は、まずf11で試します。

明るければ、絞って、暗ければ少しf値を小さくして調整します。

おおよそ、f9からf16の範囲にしています。


5、リモートレリーズを使う

リモートレリーズを使いましょう。

レリーズは、カメラのボディに取り付けて、離れた場所からシャッターを切るためのカメラアクセサリーです。

使用目的は、ブレを抑えるためです。


6、iso感度は下げる

下げれるだけ下げましょう。

すでに記述しましたが、花火の光は思った以上に明るいです。

多くのカメラがiso100くらいまで下げることが可能でしょう。


7、ピント合わせ

まず、オートフォーカス で花火にピントを合わせます。

ピントが来たと確信ができれば、マニュアルフォーカスに切り替えます。

その際、液晶モニターでしっかりフォーカスを確認してください。

もし、ピントが来ていない状態でマニュアルフォーカスに切り替えたならば、全ての写真がピンボケしてしまいます。

花火大会の序盤は焦らずに、ピント合わせに集中しましょう。


8、シャッタースピードは『BULB』にし、3発の花火を基準にする

シャッタースピードは必ずBULBにしましょう。

バルブは、シャッターボタンを押している間、露光され、ボタンから手を離すと、シャッターが閉じます。

BULBでシャッターボタンを開ける時間は、まず花火3発分を目安にしましょう。

それで、もしも暗いようであれば4発分に、明るいようであれば2発分に調整しましょう。

クライマックスのシーンは、沢山の花火が上がるので、リズミカルにテンポよく、シャッターを切ります。

そうでなければ、白とびが盛大に発生します。



<まとめ>

1、三脚を使用する

2、レンズにND4のフィルターを装着する

3、カメラの長秒ノイズリダクションは必ずオフにする

4、絞り(f値)はf11を基準に

5、リモートレリーズを使う

6、iso感度は下げる

7、ピント合わせは、オートフォーカスで合わせ、マニュアルフォーカスに切り替える

8、シャッタースピードは『BULB』にし、3発の花火を基準にする



<注意事項>

・主催者が三脚の使用を禁止している場合、三脚は使用しないようにしましょう

・花火大会の1週間も前から、三脚を公共物と鎖で結び、場所取りをしているマナーの悪いカメラマンがいます。近隣住民に迷惑をかけてまで、写真を撮るのはやめましょう。

・みんなで花火を楽しむことが出来るよう、譲り合いの気持ちを持ちましょう

・夏場は水分補給をしましょう。体調が最優先です。



<関西の花火大会スケジュール>

別のブログにて、2020年の関西の花火大会のスケジュールを記事にしています。

参考にされてください。

https://www.yusukekawakami.com/post/【開催決定!】2020年大阪から行ける花火大会



カメラを持って花火大会に行きましょう♪

皆様の、フォトライフがより充実したものとなりますように。

私のフォトレッスンにもお越しいただければ、嬉しいです。

ストアカでの写真教室:







最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。



<最終更新日:2020.4.21>

home: https://www.yusukekawakami.com

©Yusuke Kawakami