• 川上裕介

【撮影のお役立ち】天使の梯子を撮ってみよう♪

最終更新: 4月13日

こんにちは。

関西で、フォトグラファー 、写真教室をしております川上裕介です。

今回は、天使の梯子(はしご)を撮ってみようというテーマで記事を書きます。

『そもそも、天使の梯子とは?』というところから解説いたします。

実は、私も最近、天使の梯子を知りました。


追記:2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で、撮影目的での外出はおすすめしません。

まずは、ご自身を大切にして頂き、状況が落ち着いたタイミングでの写真撮影をおすすめします。

【天使の梯子とは?】

早朝や夕方、写真のように雲の切れ間から光がシャーっと放射状に降り注いでいる光景を見たことはありませんか?

それが、天使の梯子です。

薄明光線や光芒とも呼ばれます。



【発生条件】

1、太陽が隠れることが出来るしっかりした雲があり、かつその雲には切れ間が必要

2、太陽の角度の関係で、朝と夕方に見られることが多い

3、空気の澄んでいる寒い時期


つまり、見たいと思っても、いつでも見られる訳では無いのです。

条件が重なら無いと発生しないレアな自然が生み出す光のアートの為、多くのフォトグラファー から人気を集めています。



【カメラの設定】

-露出-

.・少しアンダーにするとシャーを強調することが出来る

・f値(絞り)はなるべく絞る

 →この写真は、f16で撮影しています。


-ホワイトバランス-

・ホワイトバランスに変化を持たせる

 →晴天日陰(日陰)などがオススメです。


-三脚-

・三脚は有ると良いですが、明るい環境なので、無くても撮影可能です。

 私は、三脚を使用して天使の梯子を撮ったことはありません。

 

-絵作り-

・望遠で天使の梯子のみを撮影しても、見る側にその素晴らしさは伝わりません。

 広めに風景を切り取り、ダイナミックさを伝えることがポイントです。



【最後に】

天使の梯子は、見たい時に見られる現象ではありません。

また、発生しても長時間、見ることは出来ません。

もし、見ることが出来たら、とてもラッキーです。

しかし、都会でも現れますので、空を眺めるということを意識しておけば、いつか見ることが出来ると考えます。


ぜひ、カメラを持って出かけましょう。

皆様のフォトライフがより充実したものとなりますように。

私のフォトレッスンにもお越しいただければ、嬉しいです。

ストアカでの写真教室:







最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



<最終更新日:2020.4.11>

home: https://www.yusukekawakami.com


©Yusuke Kawakami