• 川上裕介

【撮影のお役立ち】写真撮影を上達するには??

最終更新: 4月13日

こんにちは。

関西で、フォトグラファー 、写真教室しております川上裕介です。

今回は、写真撮影を上達する方法を記事にします。

みなさまが最も知りたい内容かと思いますので、最後までご覧いただければ、幸いです。


さて、本記事を読まれている方は、カメラをお持ちであると思います。

カメラ歴が初心者であろうと、カメラ歴20年であろうと、上達方法は1つだけと考えます。



<結論>

撮影を上達するには、カメラや写真撮影に関する知識を習得すること



<よくある勘違い>

カメラに取り組まれて、こんな考えを持たれませんでしたか?

『カメラを買ったけど、スマホの方が撮れる』 『とにかくシャッターを切れば、1枚くらい良いのが撮れているだろう』 『いっぱい撮ったら上達するはず』 『写真ってセンスや技術が必要』 『インスタで1,000イイねなんて無理』


これらは、全て勘違いであり、誤っていると考えます。

何故ならば、


『カメラを買ったけど、スマホの方が撮れる』 →確かに、スマートフォンの進化は素晴らしいですし、綺麗な写真を撮ることは可能です。また、いつも持ち歩いていることから、シャッターチャンスを逃しずらいというメリットもあります。

実際に私もスマホで撮ることがあります。

しかし、カメラの知識があれば、『カメラの方が撮れる!』と思うことが出来ます。


『とにかくシャッターを切れば、1枚くらい良いのが撮れているだろう』 →撮れるかも知れません。 しかし、撮れないかも知れません。 私は、少ないシャッター数で、良い写真をたくさん撮りたいです。

良い写真とは、私は自分のイメージに近い写真のことを指しています。


『いっぱい撮ったら上達するはず』 →カメラに関する知識があれば、上達できます。 知識が無いまま、沢山撮っても、上達はしないと考えます。

もしも、いっぱい撮る中で、たくさんの気づきや知識を得ることができ、次回の撮影でそれを活かすというのであれば、それも良いと考えます。

『写真ってやっぱりセンスや技術が必要』 →あくまで、写真撮影で必要な要素の1つです。 より大切なのは、写真撮影に関する知識なのです。

『インスタで1,000イイねなんて無理』 →知識を持って撮影すれば、instagramでたくさんのいいねを獲得できます。



<ちなみに>

ちなみに、本記事の写真はカメラを持っていない人に少しレクチャーし、撮ってもらった写真です。

今まで、カメラを触ったことが無いのに、綺麗に撮ることが出来ました。

少し撮り方の知識があるだけで、素敵に撮ることが出来るのです。



<知識の習得方法>

ここまで、読んでいただくと写真撮影に必要なことは、『知識』であることがご理解いただけたのかと思います。

その知識の習得方法について記載いたします。

以下の方法で、知識は習得可能です。


1、カメラメーカー主催のセミナーやワークショップに参加する

  →お近くにカメラメーカーのショールームはありませんか?

   そこで、セミナーやワークショップを開催している可能性があります。

   私も、初心者向けのセミナーに頻繁に参加しました。

   初心者向けのセミナーは無料であったり、低価格であったりするのでオススメです。

   そして、基礎的な内容こそ、しっかり理解しておく必要があります。

   テクニックは基礎内容が分かっていなければ、十分に発揮できないためです。

   まずは、簡単な内容から1つ1つ学んでいくことをオススメします。


2、有名な写真家が出されている写真の教科書を買う

  →私も参考にしています。

   有名な写真家も基礎知識の上に経験を積み重ねていることが、教科書を手にするとわ

   かります。

   誰もが、はじめは初心者です。

   私は、鉄道写真家の中井精也さん『デジタル一眼レフカメラと写真の教科書』という

   本からはじめました。

   読んで頂くと、知識の大切さをご理解いただけると思います。


3、ストアカなどの写真教室に参加する

  →写真教室に参加して、知識を得ることも大切です。

   私も、ストアカで指導しています。

   参考:


   



   

   参加される際は、十分に先生を選びましょう。

   「この先生、写真上手いなあ」だけではなく、自分のイメージに近い写真を撮ってい

   る先生なのか、確認することが大切です。

   それによって、ミスマッチを減らすことが可能です。


4、インスタなどのSNSで写真を勉強する

  →instagramで多くのフォロワーを獲得しているフォトグラファーの写真を確認しま

   しょう。

   確認したら、すぐに真似して撮ってはいけません。

   まずは、その写真を自分なりに分析してみて下さい。

   例えば、撮影の意図や撮影時刻、構図(フレーミング)、カメラ位置、ホワイトバ

   ランス、露出、光の使い方など色々と自分なりに解釈しましょう。

   そして、カメラを持ち出し、撮影してみて下さい。

   ご自身で撮られた1枚と何が違うのか、しっかり検証しましょう。

   その繰り返しで、 知識が蓄えられます。



<知識の習得方法 メリットとデメリット>

ここまでで、4点知識の習得方法をご説明しました。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットを記載します。


1、カメラメーカー主催のセミナーやワークショップに参加する

 -メリット-

 ・カメラメーカー主催のため、安心感がある

 ・初心者向けの内容は安価

-デメリット-

 ・上級者向けの内容は受講料は高額

 ・家の近くにカメラメーカーのショールームがあると限らない


追記:2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、対面でのセミナーはおすすめ致しません。

まずは、ご自身を大切にされ、状況が落ち着きましたら、参加してみましょう。

ストアカなど、オンライン講習を実施されているwebサイトもあります。

参考:私のストアカページ




2、有名な写真家が出されている写真の教科書を買う

 -メリット-

 ・繰り返し読むことが出来る

  ・通勤時など、いつでも読める

 -デメリット-

・沢山の本が販売されており、どの本を読むべきか迷う


3、ストアカなどの写真教室に参加する

 -メリット-

 ・自分の受けたい内容を探すことが出来る

 ・他の受講生との交流もあり、楽しい時間を過ごすことが出来る

-デメリット-

 ・先生を選ぶのに少し時間が掛かる 

 ・受講料が発生する


4、インスタなどのSNSで写真を勉強する

-メリット-

 ・無料で出来る

 ・空き時間に取り組むことが出来る

-デメリット-

 ・直接、指導してもらえる訳では無い

 ・取り組むと、意外と大変であることが分かる


ちなみに、Youtubeで知識を得ようとする方もおられますが、私は積極的にはオススメしていません。

今のところ、機材やテクニック中心のコンテンツが多いためです。

今後、基礎知識に関するコンテンツも増えると思います。

その際は、参考にされると良いのかなと感じます。



<再度、結論です>

撮影を上達するには、カメラや写真撮影に関する知識を習得すること



皆様のフォトライフがより充実したものとなりますように♪

最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。



<最終更新日:2020.4.10>

home:https://www.yusukekawakami.com


©Yusuke Kawakami